お肌の保水能力を高める化粧品で皮膚の乾燥を防ぎましょう

私は友人と一緒に40代の女性にお勧めの化粧品をインターネットで確認してみましたが、やはりその主眼は年齢とともに衰えるお肌の機能のカヴァーにあるようです。

特に40代はそれまで女性らしさを保ってきた身体内部から分泌される成分が減少していくスピードが速まり始める時期だと言えます。

ここで効果のある化粧品を用いて外部から積極的に必要な成分を補充していくか否かでその後のお肌の状態が大きく異なってくるようです。

「40代になった時に何も考えずそれまでの化粧品を使い続けた人と、改めて自分のお肌の現状を確かめた上で積極的に情報を集めて効果の高い品を選択し直した人とでは、50代になった時にハッキリとその差が出るわ」

友人がそうアドバイスしてくれました。

私は友人の言葉に頷きながらも「貴方は40代の女性としてお肌の若々しさを保つために何にもっとも注意を払わなくてはならないと思う?」

と聞いてみました。

私は自分の年齢に相応しい化粧品を選ぶ際の取っ掛かりが欲しいと思ったのです。

友人は私の質問にしばらく考え込んでいましたが、やがて顔を上げて「それはやっぱりお肌の乾燥ではないかしら」

と言いました。

友人は40代の女性は特に皮膚の乾燥に注意すべきだと私に告げました。

「お肌が乾燥するとシワやシミ、たるみといった40代女性が特に気になるお肌のトラブルが起こりやすくなってしまうのよ。皮膚の表面が乾燥した状態が長く続いていると人間の肌が本来持っている代謝能力や保湿機能、バリア機能が低下してしまうので、その結果ね」

「それなら40代になったら何よりもまずお肌の乾燥を防ぐ化粧品を積極的に使用すべきね」

私の言葉に友人は同意してくれました。

「そうね。お肌の保水能力を高める化粧品は必須だと私も思うわ。でも化粧品選びも大事だけれど、それに一方的に頼るべきではないと私は思うの。お肌が本来持っている回復能力や保湿能力も大切よ。例えば顔を洗う時にあまりにも洗浄力が強いものを用いると元々お肌を守っていた油状の物質や潤いの成分まで洗い流してしまい、結果としてお肌のバリア機能を弱めてしまいかねないの。だから特に朝方の洗顔はぬるま湯等で工夫して睡眠中に生成された皮膚を保護する成分が肌の表面に止まるようにすべきだわ」

化粧品の役割はあくまでお肌が本来持っている美しさを引き立たせるものであることを忘れないようにと友人は私に注意しました。